2010年の掲示板2009年の掲示板2008年の掲示板2007年の掲示板2006年の掲示板2005年以前の掲示板
| アトポストップ | アトピー相談フォーム | アトピー110番 | アトピーフローラ会 |


犬のアトピー性皮膚炎の原因と改善- 犬のアレルギー克服のサポートをいたします。犬の皮膚病対策など
新着 検索 新規投稿

甲状腺とアトピー えり 06/25 15:55
    |-*Re: 甲状腺とアトピー 赤嶺 福海 06/30 17:51
        |-*Re: 甲状腺とアトピー えり 06/30 22:05
返信2011/06/25 15:55:57 えり  
甲状腺とアトピー
アトピーの症状もあるのですが、口の周りの吹き出物(アトピー含む)に悩まされています。知り合いの整体をしている方に「甲状腺ホルモンが弱いとそうなる」というようなことを言われました。一度検査をしたほうが良いでしょうか?血液検査で分るようですが、、、病院に行くのが嫌なので決心がつかないのですが、、調べてみたほうがよいのでしょうか。
返信2011/06/30 17:51:51 赤嶺 福海 メールアドレスホームページ 
Re: 甲状腺とアトピー
返答が遅くなりました。

確かに唇の指示はステロイドホルモン優位となっております。
が、弱ければ吹き出物発症とは限りません。
えり様にはえり様のバランスがありますので、余り気にしなくて
よいとも思います。

調べれば、甲状腺ホルモン抑制の薬かステロイドホルモンによる
処置となりますのでもっと怖いことになるでしょう。

口の周りは特に気になるのでしょうが、その根源たる処置による
改善が重要ですね。長い期間、発生しているのであれば、それに
応じた期間を要するでしょうが、少しづつでもよい方向へと向かう
ことが重要となります。

目的は、皮膚の改善ですが、腸管と繋がっていたり、免疫と直接
関与していたり、自律神経系と関係したりと複雑ですが、まずは、
腸管の調整により、その全ての関与を正常化させることも必要と
思われます。

さらに、その症状によるストレスで全体バランスも崩れますので、
しっかり克服の理論を理解して、自分はいつ改善するんだという
期間設定をして、いつも明るい気持ちで生活し、友達とも元気に
付き合い、体を元気にすれば必ず解決しますよ。
ホルモンにおいても、元気でバランスは調整できます。

大丈夫、明るく明るくですよ。
返信2011/06/30 22:05:38 えり  
Re: 甲状腺とアトピー
先生、ご返答ありがとうございます。

>調べれば、甲状腺ホルモン抑制の薬かステロイドホルモンによる
処置となりますのでもっと怖いことになるでしょう。

恐いです。薬は一生飲み続けてくださいとか、、
効くと言われても身体に不自然なものであることには変わりないですもんね
自前のホルモンではないのだから・・・

全体的な元気を目指すことに決めました。

自分が肺と大腸、胃腸も弱いのわかってますので、浅い呼吸とか、神経質な性格とか
そのバランスを整えるために、勉強して、

なんか元気でました。
自分の中でも答えがでました。

ありがとうございます。

トップ