2010年の掲示板2009年の掲示板2008年の掲示板2007年の掲示板2006年の掲示板2005年以前の掲示板
| アトポストップ | アトピー相談フォーム | アトピー110番 | アトピーフローラ会 |


犬のアトピー性皮膚炎の原因と改善- 犬のアレルギー克服のサポートをいたします。犬の皮膚病対策など
新着 検索 新規投稿

現在妊娠中ですが質問です。 cocoママ 11/06 23:08
    |-*Re: 現在妊娠中ですが質問です。 アトポス 坂田 11/07 13:01
        |-*Re: 現在妊娠中ですが質問です。 cocoママ 11/07 21:53
返信2016/11/06 23:08:13 cocoママ  
現在妊娠中ですが質問です。
1年10ヶ月前ぐらいから息子のアトピーを治したく、血液型乳酸菌と七海を飲ませ、四輝水を塗ってきました。今はお蔭様で少しの乾燥のみでお顔はツルツルになりました。本当に有難うございました。

現在は妊娠中で来年2月に出産予定となっています。

お伺いしたいことがあるのですが、次の子が上の子のようにならないようにするには私が乳酸菌摂取とミネラルの摂取をした方がよいでしょうか?

乳酸菌をとることにより生まれてくる子がアトピーになる可能性は低くなりますでしょうか?

お忙しいところ大変申し訳ありませんが、よろしくおねがいいたします。
返信2016/11/07 13:01:15 アトポス 坂田  
Re: 現在妊娠中ですが質問です。
1年10ヶ月もしっかり処置されて息子さんが改善されて本当に嬉しく思います。
ステロイド剤などの薬を一切使用しないで安定した皮膚の状態が維持できていれば、もう心配は要らないでしょう。ただ、油断して砂糖の大量摂取や長風呂などには十分気をつけてください。

2人目のお子様の妊娠おめでとうございます。

そうですね、妊娠中も乳酸菌を摂取することをおすすめいたします。また生まれてくるお子様がアトピーになる可能性も低くなります。

そして生まれてくるお子様をアトピーにしない条件として、もっとも重要なことは産道の環境整備です。ホームページでも確認されたと思いますが、出産時に受け継ぐ免疫基材・乳酸菌は、産道で行われます。産道への薬剤処置や放尿後のビデ処置、無性行為などは産道内のpHが乱れ、結果的に産道の菌バランスが異常になりますので気をつけてください。

産道の菌バランスも正常で普通分娩の方法で出産されれば、アトピーになりにくい子が生まれてくると思います。

乳酸菌を摂取することと別にヨーグルトの産道挿入も一つの方法です。出産前に行うとアトピーの可能性は少なくなります。

またご主人の理解やサポートも重要になってきます。ご主人がしっかりと理解できる状況にあれば、気持ち的にも大きく違いますし、性行為もアトピー児誕生を抑制する大きなポイントともなります。もう一度、ご主人やご家族と十分に話し合ってその体制を確立してください。

可愛いピカピカの赤ちゃん誕生を心よりお祈りしています。
返信2016/11/07 21:53:11 cocoママ  
Re: 現在妊娠中ですが質問です。
丁寧にお答えいただきありがとうございます。
出産までは乳酸菌を摂っていこうと思います。一番目の子の妊娠期間に抗生物質を使ったような気がします。それが原因だったのですね。
言われたとおりにしていこうと思います。ありがとうございました。

トップ