2010年の掲示板2009年の掲示板2008年の掲示板2007年の掲示板2006年の掲示板2005年以前の掲示板
| アトポストップ | アトピー相談フォーム | アトピー110番 | アトピーフローラ会 |


犬のアトピー性皮膚炎の原因と改善- 犬のアレルギー克服のサポートをいたします。犬の皮膚病対策など
新着 検索 新規投稿

息子について相談です。 yuki 12/15 19:24
    |-*Re: 息子について相談です。 アトポス坂田 12/16 13:23
        |-*Re: 息子について相談です。 yuki 12/16 18:15
返信2016/12/15 19:24:57 yuki  
息子について相談です。
生後2ヶ月より首全体の発赤出現するも1週間で何もせず症状改善は改善しました。

5日後、同じ症状が発症しました。

その後、1週間様子見ましたが症状は治らなかったのでグレカA軟膏を1日2回程度塗布しました。

5日塗布を続けましたが、発赤は完全に治らなかったので使用を止めました。

2週間前から四輝水と血液型乳酸菌O型と七海の使用を始めました。

四輝水は患部(首全体)1日3回塗布をして体と顔は乾燥していることもあり四輝水とジェル併用しています。

血液型が不明だったのでO型を選択し、1日2包飲ませてます。

七海は白湯やミルクにまぜて2滴摂取してます。

便秘の為、ビートオリゴ糖2〜3g摂取もしてます。

ステロイドの使用ないです。

よろしくお願いします。
返信2016/12/16 13:23:21 アトポス坂田  
Re: 息子について相談です。
このまま四輝水で皮膚のpH調整・血液型乳酸菌で腸内環境の改善・七海でミネラルバランスの調整を根気強く継続して行ってください。

お子様の発赤や炎症の原因は腸内環境が良くない為に起こる免疫過剰であると思われます。腸内環境が正常であれば、お子様が摂取したタンパク質が分解・消化・吸収されますが、正常ではない為にうまく消化吸収が行われず、より大きな分子構造のまま体内に運ばれ、これが異物と認識され炎症を引き起こす結果となっています。

この問題の根源である腸管粘膜の改善が最も重要な処置となります。その改善には一朝一夕では出来ず、赤ちゃんにおいては最低でも3ヶ月はかかります。これまでの相談者の方々からの統計をベースに考えると、生後6〜8ヶ月までは症状の悪化が進み、9カ月以降を境に改善方向へと進んでゆきます。お子様の改善には約1年間が必要でその後はピカピカの真っ白なお肌になり安定していくと思います。

あと数ヵ月は厳しい状況が続くでしょうが不安になることなく強い心で進行してください。お子様の治癒力は素晴らしいもので必ず改善・克服できます。

多くの親御さんは何も出来ない弱い子供だから医療の力に頼ってしまいます。しかし薬漬けになり結果的に改善に遠回りをすることになります。お医者さんには「一生治りません、仲良く付き合ってゆきましょう」と言われると思いますが、これは間違いで一生薬漬けの第一歩となります。気を付けてください。

皮膚に関しては有用皮膚常在菌が十分に生息することが重要なポイントとなります。決して抗生剤やイソジン、保湿剤などを使用しないでください。その有用菌群の棲息条件を守って処理しなければ本当の改善には至りません。その為には皮膚を弱酸性に保ち、皮膚常在菌も正常に働くような環境を作ってください。「ph4ローション」四輝水を使用すれば弱酸性に保つことはできますので1日3〜5回を目安に塗布してください。

ミネラルも重要なポイントとなります。「痒い!」という感覚は、体内に大きな活性酸素を産生し体内の細胞に悪影響を与えます。細胞活性に重要な微量元素「ミネラル」が激減してゆきます。特にマグネシウムとカルシウムが減少して、体を動かす根幹とされる「自律神経」がバランスを失い、予想のつかない症状を引き起こす可能性があります。ですから腸内細菌調整と共にミネラル調整も改善には重要なポイントとなります。
返信2016/12/16 18:15:49 yuki  
Re: 息子について相談です。
コメントありがとうございます。

1年間かかるんですね。

息子に将来のことが心配なので頑張ります。

また分からないことがあれば質問しますのでよろしくお願いします。

トップ