2010年の掲示板2009年の掲示板2008年の掲示板2007年の掲示板2006年の掲示板2005年以前の掲示板
| アトポストップ | アトピー相談フォーム | アトピー110番 | アトピーフローラ会 |


犬のアトピー性皮膚炎の原因と改善- 犬のアレルギー克服のサポートをいたします。犬の皮膚病対策など
新着 検索 新規投稿

妊娠中における複数回の膣剤挿入後の対処法 心配性 07/12 17:45
    |-*Re: 妊娠中における複数回の膣剤挿入後の対処法 アトポス 坂田 07/18 17:19
返信2017/07/12 17:45:44 心配性  
妊娠中における複数回の膣剤挿入後の対処法
はじめまして。妊娠中期の妊婦です。
アトピーと膣抗生剤の関係について、先程このホームページで知りました。
私はすでに2-3回の膣抗生剤の挿入をされてしまったのですが、子供がアトピーに
なってしまう確率は非常に高くなってしまったのでしょうか。
私や夫にアトピーはありません。
事実を知ってショックを受けています。
返信2017/07/18 17:19:33 アトポス 坂田  
Re: 妊娠中における複数回の膣剤挿入後の対処法
返答が遅くなり申し訳ございません。

既に膣抗生剤を2〜3回使用されたということで大変ご不安であるとお察しします。

ホームページを読まれた通り当方の調査により乳幼児で発症する皮膚炎はお母さまの産道の状態やpHなどに大きく影響を受けることが分かっております。

お母さまの産道が原因でお子様の腸管粘膜、腸管pHの異常が発生し、そして免疫過剰となります。免疫過剰になりますと皮膚炎が発症しやすくなります。

しかし、生まれてくるお子様をアトピーにしないようにする為に出産までやれることはまだまだございます。

ホームページにも記載があるとおり

・これ以上の膣抗生剤・風邪薬処置をしないこと
・膣内のpHを安定させる為に性行為は適度に行うこと
・出来るだけ自然分娩で行うこと。安易に帝王切開をしないこと
・乳酸菌摂取を行い、腸内環境を整備することで重要な産道環境を整えること

以上のことはまだ出来ることなので、お子様のためにも実行してみてください。

トップ