2010年の掲示板2009年の掲示板2008年の掲示板2007年の掲示板2006年の掲示板2005年以前の掲示板
| アトポストップ | アトピー相談フォーム | アトピー110番 | アトピーフローラ会 |


犬のアトピー性皮膚炎の原因と改善- 犬のアレルギー克服のサポートをいたします。犬の皮膚病対策など
新着 検索 新規投稿

オプジ−ボに関して 翔太ママ 10/09 18:18
    |-*Re: オプジ−ボに関して 赤嶺 福海 10/10 10:40
        |-*Re: オプジ−ボに関して 翔太ママ 10/10 16:48
返信2018/10/09 18:18:11 翔太ママ  
オプジ−ボに関して
赤嶺先生ご無沙汰しています。
2016年に1歳の息子のアトピーでお世話になりました埼玉のYです。
今は4歳となり、元気に登園しております。もちろん、再発は一切ありません。いろいろとサポートありがとうございました。

本日は、お世話になった叔父のガンについて、ご意見いただきたく投稿致しました。もし、問題がありましたら削除してください。

叔父は、肺がん診断され既に半年が経過しました。ステージ3らしく、非常に怯えています。何とか力になりたいと情報を収集しています。最近、多く報道されているノ−ベル医学生理学賞の<オプジ−ボ>なんですが、肺がんは保険適応できるようで、叔父も関心をもっており、体を傷つけないとのことでエントリーしようとしています。

赤嶺先生がFBで投稿された内容から、不安になり相談した次第です。叔父の状態や写真も無いので、コメントのしようもないかもしれませんが、この免疫療法を赤嶺先生はどのようにお考えでしょうか?

簡単で結構です。あれほど酷かった息子の改善を目の当たりにして、私の父親は赤嶺先生に相談して、もし面談が必要であれば、叔父を連れて行くと言っています。もう、サポート期限が切れていますので、失礼と思いましたがこちらで投稿させていただきました。よろしくお願いいたします。
返信2018/10/10 10:40:55 赤嶺 福海  
Re: オプジ−ボに関して
翔太ママ様

翔太くん、その後も元気で安心致しました。3度の秋冬を経過しましたので、もう大丈夫ですね。しっかり3年は基礎整備されているようなので、「三つ子の魂百まで」のとおり、元気な一生となることでしょう。

さて、叔父様ですか、、、ま、本当はお会いしなければ当方の判断も、叔父様の信頼度にも差がでますので、正確な返答は難しいと思います。今回は、このほどノーベル医学受賞された『オプジーボ』が、叔父様の肺がんに効果があるか否かですが、これも判断しかねます。

一般常識からすれば、同様の苦しみをされている方には、直ぐにでもと思われることでしょう。体を痛める手術も無い、抗がん剤のように全身細胞を壊すこともない、被爆しなくて良いとなれば、、、、また、報告理論と治験者の方々の報道コメントから、先の夢を見ることは多くあるでしょう。

私も、今までのがん治療方針に比べて、大きく前進していると感慨深く拝見していました。また、本庶氏の人柄なども加味すれば、殺到することは間違いないことでしょう。また、本人の診断なしに、オプジーボを摂取するだけで良いわけですから、これまでの様に重大な医療ミスもないし、薬剤の選択ミスも無いでしょう。

ただ、摂取することで全身作用しますので、異常な免疫過剰となることは心配になりますね。免疫過剰といえばアレルギー症状となります。ガンは免疫低下の反対方向となるわけですから、どういう副的作用が出るか多くを確認できていないと思われます。

FBにも書きましたが、免疫抑制を遮断するという方式ですが、その免疫成分がしっかり整備できていなければ、抑制遮断は出来ないよう泣きもします。報道された理論から判断していますが、その対応テクニックはお持ちかもしれません。それが、各担当医によって差が出れば問題ですし、高額医療となりますので、お金目当ての処方を行なう先生が出ても問題ですね。

ただ言えることは、これまでのガン医療よりは、安全で可能性はあるということだと思います。免疫細胞産生機能を持って、この治療を始める事が重要かもしれません。免疫細胞の産生場所は腸内細菌で多く産生されることは、これまでの多くの資料からも確認できます。

もし、私が叔父様と面談する場合は、叔父様がしっかり発症の原因と克服理論を理解できる事が重要です。そして、叔父様の表情・エネルギーを見ながら、今後のシュミレーションも設定します。物だけではない意識と行動システム・自然のシステムがありますので、その方法を理解できて行動すれば、寿命通りに生きることは間違いありません。

アトピーもガンも免疫系ですから、その逆を意識すればよいことになります。今のガン報道での余命率は、何もしなかった方が余命率は高くなることは間違いありません。抗がん剤を使用すれば、確実に予定通りに命を消滅します。これもステロイド剤やワクチンと同様の産業の仕組みです。もう、一般報道される医療理論は何の役にも立ちませんし、ご自身で解決する方法を会得して、生まれてきた意味を意識して、元気に楽しく過ごす事が、一番の改善方法と思います。

何だか、ご質問返答となっていませんが、、、、、取り急ぎ、小生の基本的な考え方です。
返信2018/10/10 16:48:03 翔太ママ  
Re: オプジ−ボに関して
赤嶺先生、ご多忙にもかかわらずご丁寧にありがとうございます。

早急に父親、叔父と検討いたします。
もし、先生にお会いしたい場合は、また連絡させていただきます。
本当にありがとうございました。

トップ