アトピー性皮膚炎の本当の原因

アトピー性皮膚炎の本当の原因(根源)

アトピーが急増する理由。
昭和30年以前にはなかったこの皮膚炎が、今これほど急速に増えているのは何故でしょう。
たった50年で人間の遺伝子が変化などするはずはありません。
ならば環境変化のせいでしょうか?
確かに利便性を追求したことで、自然環境も体内環境も化学物質によって汚染され、 それらが負の遺産となって子ども達に引き継がれていることは間違いないでしょう。 すでに日本の赤ちゃんの4人に1人が、生後まもなくからアトピー性皮膚炎を発症 しています。
この年々増え続ける生まれながらのアトピーの原因が、すべて環境変化にあるとすれば、 そこを根本から見直さない限りアトピーは増え続けることになり、 現状のまま世代が入れ替われば、日本人口の半分は生まれながらのアトピー性皮膚炎……。
怖い……怖すぎる。あの辛さを半分の人々が受けたのなら、日本の運営さえ難しいでしょう。 いや、それ以前に沈没かもしれません。
かと言って、今の社会環境(水・食・空気他)を即座に変えることは不可能でしょう。

でも……考えてみてください。同じ環境下で生まれているにも関わらず、 4人に1人の赤ちゃんが発症し、残り3人の赤ちゃんは発症しない。
この差は何なのでしょうか。

「遺伝です」「環境変化です」だけでは、到底説明できません。
けれど、もしここを理解できれば、克服の突破口となる とは思いませんか?
そこに着目した私たちは、発症した方々の環境を徹底的に聞き取り調査しました。
そして、下記のような共通点を探し当てたのです。

◆0歳から発症した保護者からの聞き取り
①出産前に産道殺菌のために「膣抗生剤」を投与された

②黄体ホルモンの投与があった

③帝王切開だった・切迫早産となった

④母親がアトピー性皮膚炎の場合、アトピー発症率が高い・母親の過剰なストレス

⑤妊娠中に性交渉がなかった

⑥出産後1ヶ月以内に抗生剤投与があった

⑦黄疸診断があり紫外線照射を行った

⑧ステロイド処置と保湿剤処置を行った

⑨ご両親・祖父母のアレルギー暦のない方が多かった

⑩10件以上医者を歩き回ったが納得のいく説明がなかった


◆1~2歳から発症した保護者からの聞き取り
①少しの湿疹にステロイド剤を使用した

②風邪引きに抗生剤を長期間使用した

③保湿剤を長期間使用した(特に冬場)

④環境変化(引越しや異常気象、暴力等)による自律神経異常

⑤離乳食により発症

⑥砂糖の大量摂取

⑦牛乳の大量摂取

⑧長時間の入浴

⑨喘息で吸入したステロイド薬の影響で皮膚まで発症した


◆3歳~第二次性徴期前に発症した保護者からの聞き取り
①湿疹や虫さされ、火傷にステロイド剤を使用した

②風邪引き毎に抗生剤を長期に使用した

③砂糖(ケーキやスナック菓子等)の継続摂取があった

④牛乳をがぶ飲みしていた

⑤長時間入浴が多かった(特に冬場・・親も進めた)

⑥スイミングに通って皮膚が弱くなり、ステロイド処置

⑦環境変化(引越しや異常気象、暴力等)による自律神経異常


◆第二次性徴期以降に発症した方からの聞き取り
①いじめにあっていた

②受験ストレスで発症した

③就職時期に発症した

④恋愛関係のストレスで発症した

⑤家族ストレスで発症した

⑥会社勤めによるストレスで発症した

⑦ステロイド剤処置以降改善しなかった

⑧洗顔のし過ぎで顔が赤くなりステロイド剤処置し治らない

⑨風邪引きが多く抗生剤処置が続いたことで発症

⑩ピーリングエステをして発症し戻らない

⑪妊娠して発症した(昔から少し症状はあった)


以上が、数年間かけて聞き取りした結果です。
さてあなたは、この結果から何を感じましたか?
ここから少し難しい話になりますので、順を追って説明いたします。

産道には、素晴らしい仕組みがある。
この聞き取り内容で、まず私たちが注目したのが、
0歳児からの発症者の母親の大半が、産前産後に病院処置を数多く受けていた ということ。
一方で、1歳以降に発症した子の母親の大半は、そのような処置を受けていなかった ということ。
つまり、0歳児の最大の発症原因はそこにあり、これらの病院処置によって、 母体と赤ちゃんの体内でなにが起こったのかを探れば、 アトピーの根本解決に繋がるはずだと考えたのです。

その答えは、健康な赤ちゃんとアトピーの赤ちゃんの便を それぞれ検査していくことで明確に見えてきました。 腸管内には多くの細菌が棲息しているのですが、 アトピーの赤ちゃんから採取した便は、 有用菌群の一種である乳酸菌が極端に少なく、雑菌群が多く繁殖 していました。 つまり生後間もなくから、腸内環境のバランスに大きな乱れが生じていたのです。 体内細菌の研究を長年続けている私たちの目からすれば、 これは大変異常な、驚くべき事実でした。

本来、生まれたばかりの赤ちゃんの腸管にはたくさんの乳酸菌が生息 しています。 でもお母さんのお腹の中は無菌ですから、少し不思議ですよね。
実は赤ちゃん達は、 生まれてくる際にお母さんの産道を通して乳酸菌を受け取る のです。
母体は出産間近になると、胎児にこの社会で生きる条件としての免疫を移譲するために、 多くの乳酸菌(エンテロコッカス・アビウム、エンテロコッカス・フェカリス、 エンテロコッカス・フェシウムなど)を、産道へ集合させます。
赤ちゃんはその 乳酸菌を受け取ることで免疫を確立させ、 この雑菌社会で生きる条件を、生まれた瞬間から作り出す のです。 しかし……産前の膣内検査で陽性が出ると、産婦人科医はその大切な産道に 悪気なく 抗生剤を投与します。 本来はこのような乱暴な処置を行わずとも、 一般的な雑菌であれば、仮に感染して生まれても胎便で自力排泄できるのですが、 医師は微々たる雑菌でも徹底して排除してしまいます。 すると当然ながら 雑菌と共に産道の乳酸菌も排除され、 赤ちゃんはお母さんの乳酸菌を十分に受け取れない状態で生まれてしまいます。 結果、生後まもなくから免疫機能が乱れ、アトピーを発症したと考えられるのです。 アトピーの赤ちゃんの便には乳酸菌が少なかったのも、このような理由からです。

また、 帝王切開の場合も産道を通過しないため、乳酸菌を正常に受けられません から、 帝王切開で生まれた赤ちゃんにアトピーが発症しやすいという結果も理解できます。 もちろん分娩室の環境にも大きく左右されますので、帝王切開で生まれた赤ちゃん全員が 発症するということではありませんが、非常に確率は高くなります。 発症しなくても風邪を引きやすいなどの、免疫系のアンバランスは多く見られるのです。

さらに、お母さん自身がアトピーである場合も注意が必要です。 彼女たちの腸管内に棲息する乳酸菌は、 アトピーでない方の 100~10000分の1ほどであることが便検査で分かっています。 腸管と産道の菌は繋がっている ので、当然出産時にも乳酸菌の移譲が 不十分となり、赤ちゃんもアトピーになりやすくなりますが、妊娠中に正しい腸内細菌整備を行っていれば、お母さんがアトピーであっても 赤ちゃんはアトピーになりにくくなるのです。 つまり、0歳から発症する乳児アトピーの原因は遺伝と関係なく、 妊娠中に産道と腸管の整備を心がけることで十分回避できるのです。

けれども、注意すべき点は産後にもあります。 医師の 過剰な産後処置によって、せっかくお母さんから受け取った乳酸菌を 減らされてしまう 恐れがあるからです。 生まれた赤ちゃんの黄疸数値が少しでも高ければ紫外線治療、 菌やウイルスが見つかれば抗生剤や抗ウイルス剤を投与するなど、 念のためと称した様々な処置によって、小さな赤ちゃんの腸管バランスは 簡単に乱されてしまうのです。 本来、自力で生まれてきた赤ちゃんは、 自力で解決する体を持っている のに、医師は検査数値だけですべてを決めてしまいます。 そして、過剰な処置をした結果、赤ちゃんは自力解決できない体となってしまうのです。

アトピーの根本原因は、菌にある。
アレルギーと腸内細菌の関係性については、ようやくここ数年で 世間一般にも浸透してきましたが、 私たちがこの関係性を発見した20年前には、 多くの医師から「腸内とアトピーは無関係だ」と大批判 されました。 そして恐ろしいことに、 現在もなお医師の大半は、薬品が腸内環境に大きな影響を もたらす事実を軽視し、乳酸菌などの有用菌群が人間の命を守っていることも知りません。 産道の素晴らしい仕組みも、産婦人科医でさえ理解していないのです。 もし彼らにその知識があれば、これほど多くのアトピー児は生まれなかったでしょう。 (もちろん、帝王切開など母子の命を守るためのやむを得ない処置もありますが……。 それでも、少子化に伴う治療費稼ぎ目的の不要な処置が多すぎるのです)

さて、説明が長くなってしまいましたが、以上の流れから、0歳児のアトピーの原因が 腸内環境の乱れにあると考えた理由は理解していただけたと思います。 では、1歳以降からの発症の場合はどうでしょうか? 改めて1歳以上~成人の方々の聞き取り調査に目を通していきますと、 抗生剤やステロイド剤の長期使用、生活習慣の乱れ、過剰なストレスなどが 共通項目として浮かび上がってきます。 そしてこれらの全ても、結果的には腸内環境の乱れに繋がるのです。

ここまでをまとめますと、以下の通りとなります。
●アトピーの根源は腸内細菌の乱れにある。
●乳酸菌などの有用菌群は正常な免疫機能を作り上げる上で欠かせない存在である。
●有用菌群が激減した結果、免疫機能に異常が生じアトピーは発症する。


免疫機能と有用菌群の深い関わり。
ちなみに、アトピー性皮膚炎は別名「免疫過剰」 と言われています。 免疫が過剰……つまり免疫が強いというなら、むしろ良いことのような気がしますね。 そう、実際のところアトピー性皮膚炎などの免疫過剰状態の方は、 免疫低下が原因の「ガン」にはならないのです。当然、風邪もあまり引きません。 けれどもその代わり、正常な人間ならなんともない食材や環境にも 体の防衛反応が過剰に起こり、結果アトピーなどのアレルギー反応が出てしまいます。

] 口から取り込んだ食べ物などは、通常であれば腸管内を通る際、 体に吸収されやすい成分に分解されますが、 腸管内の有用菌群が減少すると、本来は弱酸性に保たれているはずの粘膜が 中性に傾き、その中性に傾いた環境を好む雑菌が繁殖する ことで粘膜自体が崩れていきます。 すると、口から取り込んだ物質(主にたんぱく質)の分解が正常に行われなくなり、 最終分解の手前の状態(中間物質)で吸収され血中に侵入し続けた結果、 過敏になった体の免疫機能がそれらを異物と判断し、体外へ排出 しようと試みます。 その排出時に重要になってくるのは排泄器官である肝臓機能ですが、 通常よりも中間物質が多く肝臓に送り込まれていけば、当然機能は低下していきます。 そして、 個人差はあるもののおよそ2週間~3ヶ月の間で肝臓はオーバーフローを起こし、 最後の排出器官である皮膚に痒みを与え、爪で掻き破らせて強引に排出 することになります。 (特に耳の付け根、下頬、鎖骨周辺から胸部、手足関節内側などのリンパライン部) この症状こそが、 一般的に「アトピー性皮膚炎」と呼ばれる症状の第一段階 なのです。

アトピーの痒みや湿疹は、生きるために起こる。 このように痒みや湿疹というカタチで皮膚からの排出が始まり、 それが 長期化していけば、アトピー症状の第二段階となる皮膚粘膜の崩れ が起こります。 崩壊のメカニズムは、腸管粘膜と全く同様で、 腸管の粘膜形成が乳酸菌などの有用菌群の働きによるものであるように、 皮膚粘膜も有用皮膚常在菌によって健やかな弱酸性に保たれ、 中性環境を好む雑菌群の繁殖を抑制 しています。 この有用皮膚常在菌は、好気性の上層部と嫌気性の下層部の二層構造になって 弱酸性の肌バリアを作っているのですが、湿疹や搔き壊しによって皮膚が傷付くと 嫌気性の有用皮膚常在菌までダメージが及び、徐々に減少していきます。 そうなれば皮膚粘膜は崩れ、弱酸性で維持していた皮膚は空気中と同一の中性となり、 空気中に棲息する雑菌やウイルスを含む異物が侵入しやすくなります。 すると体の免疫機能は、侵入阻止の手段として侵入口に痒みを感知させ、 掻くことで雑菌などの異物排除を行うのです。 つまり アトピーの痒みは、肝臓で処理しきれなかった物質を排出するためと、 崩れた皮膚粘膜から侵入する雑菌群を排出するために起こる のです。 確かに、掻痒行為すれば皮膚粘膜は傷付き症状範囲は拡大しますが、 かといって防衛反応である痒みそのものを薬などで抑制しても解決にならないどころか、 結果的にはアトピーを長期化させる可能性があります。 また、掻くのを我慢するのも強いストレスになり、体内の活性酸素が増加し、 ミネラルバランスを崩してしまいます。 ですから、こうした免疫異常を引き起こした 腸管の整備を 早期に行うことが唯一の根本解決 となるのです。

ここまでの要点をまとめますと、
●アトピーの根源は腸管粘膜に棲息する有用菌群の減少にある。
●有用菌が減れば、弱酸性の粘膜は雑菌群の好む中性に傾き粘膜機能が崩れる。
●食物(主にたんぱく質)を腸管で正常分解できなくなると、肝臓がオーバーフローを起こす。
●過敏となった体の免疫機能は最終手段として痒みや湿疹を出し、皮膚からの排出を始める。
●痒みや湿疹が起こると皮膚が傷付き、腸管粘膜同様の流れで皮膚粘膜も崩れる。
●肌バリアが低下した結果、雑菌群が侵入し、防衛反応として炎症と痒みが起こる。


そして、この状態を改善する方法は以下の通りです。
●まずは最重要となる腸管の整備を行い、一定量の有用菌群が棲息できるようする。
●すると食物を腸管で正常分解できるようになり、肝臓機能も回復する。
●皮膚からの排出がなくなることで、痒みや湿疹も止まる。
●皮膚症状が止まれば徐々に皮膚粘膜も回復していき、雑菌侵入が起こりにくくなる。
●次第に体の免疫機能が正常化していく。
ここまでの回復期間には、各々の環境によって差は出ますが、 根本から着実に改善していくことは間違いありません。

人間は、無数の有用菌と共存することで生きている。 ここまでお読みになれば、いかに国が定めたアトピー治療の基本ガイドラインが おかしいかに気付くのではないでしょうか。
スキンケア・薬物療法で解決できるほど、アトピーは単純ではありません。 強烈なステロイド剤の力で一時的に改善しても、根源解決ができていないのだから、 ストレスや環境変化によって再発してしまうのは当たり前です。
つまり医師たちは、 体の全ての粘膜には「有用菌」が棲息して、異物の侵入を阻止している ということを全く理解していないのです。
だからこそ、何十年経ってもアトピーを根本解決できず、 「アトピーは遺伝です」「一生のお付き合いです」などと無責任な発言をしながら、 国が定めたステロイド剤に頼ったマニュアル治療を続けるしかないのです。

→アトピー完全克服法(生後まもなく発症)
→アトピー完全克服法(1~2歳発症)
→アトピー完全克服法(3歳~第二次性徴期発症)
→アトピー完全克服法(第二次性徴~成人発症)

↑ PAGE TOP