アトポス便りバックナンバー

アトポス便りバックナンバー

◆┏━┓
┃1.秋信号へ突入
┗━━…─────────────────────

暑くて暑くて多くの方が熱中症で悩んだ夏も、連続の大雨と共に去っていったという感じですね。タオルケットでは夜中寒くて目が覚めてしまう9月の初旬となり、しっかりと秋の信号が身体に侵入して、熱代謝機能を低下させていっています。ということは、体内で産生されるステロイドホルモンも低下して、皮脂も少なくなり、乾燥肌の目立つ季節となりますし、乾燥による痒みや抗炎症作用も低下する時期となるのです。

全てではありませんが、この信号と共に症状が悪化する方もいます。ただ、その減少が何の原因で起きているか理解出来ているか否かでは、その症状の悪化期間に大きく差が出ることになります。10歳を超える方々は特にこの事を理解していなければ、症状原因がわからないために、その出口期間も推察できず、、、、慌てて逆方向の処置を行うことが多いようです。厳しい時期ですが、その季節を生きている限り通過しなければならないし、その条件で正常な体を維持することが、生きるための条件ともなりますね。

秋信号となれば、冬に向けて代謝機能を低下させ、外気温が下がっても平熱体温を保つために、代謝活性物質であるステロイドホルモンや酵素、ビタミンB群などの生理物質体内産生が減少することから皮膚は乾燥し、抗炎症、抗ストレス作用が低下することから、秋を境に皮膚症状悪化することも多く見られます。

事前にサイトなどで告知しておりますが、皮膚乾燥に対して油脂系保湿や入浴による身体の暖めなどされる方もおられ、厳しい状況になることも後日の報告で確認しています。この状況においても、ph調整のみで切り抜けることをお奨めします。1歳満たないお子様は、初めての季節を自然環境で通過させることが重要です。

◆┏━┓
2.アトポスQ&A(初歩的質問)
┗━━…─────────────────────
【Q】脱ステについて

娘は4ヵ月の乳児です。
娘がアトピーでステロイト゛(アルメタ軟膏)を2週間塗り、再診でさらに1ヵ月塗るように言われました。ステロイト゛は長期間使ってはいけないとよく聞きますが、長期間とはどの程度でしょうか?

ステロイト゛を塗るのを2日ほどあけたことがあり、(予備の薬が切れて、病院が開いていなかった為)湿疹がひどくなりました。

脱ステはリバウンドがつきものと聞きますが、リバウンドというのは、どのくらい我慢すれば治まるのでしょうか?アレルギー性の皮膚炎(卵、乳などなど)なので、アレルゲンに触れるかぎり湿疹は出るような気がするのですが、そもそもリバウンドとはどういう原因で起こるのでしょうか?

このまま湿疹が出なくなるまでステロイドを塗ることになるのでしょうか?
それとも無理に脱ステさせるべきなのでしょうか?

【A】こんな小さなお子様にステロイド剤の処置なんて、お医者様に騙されてはいけませんし、彼らはお子様が一生直らなくても、厳しい思春期を送ろうが、何の責任もとることはしません。

脱ステがどうのというより、お子様の今の症状を解決したいのですよね。であれば、この症状の根源も解決方法も知らない小児科医や皮膚科医に頼っても無駄なことなのです。お金と時間の無駄であり、税金の無駄使いとなります。

お子様の表面処置だけを考えるのではなく、発症の起因はお母さんの母乳(ミルク)を正常分解できない環境にあることから始まっています分解できなかった中間物質が、腸管を通過して体内へ連続侵入することで、排泄が追いつかず、排泄機能も低下し第3の排泄器官「皮膚」んじょリンパラインへ痒みを与えて、掻き破ったり擦ったりさせて排泄させるのが、アトピー性皮膚炎なのです。医者は、こんな単純なことも理解できないで診察しているんですよ。大学病院の先生方もアレルギー専門の医者もです。

だったら、もうご自身で解決するしかないでしょう。

いくらステロイド剤に頼っても一時しのぎで、ストップすればさらに範囲は拡大するとともに、自律神経を含む体全体の恒常性も狂わせることで、厳しい環境に追いやられることは、1000万人のアトピー患者を輩出していることからご理解できないでしょうか。成人アトピーの方々の殆どは、お子様と同時期からのスタートですよ。ここは少し厳しくても、ご両親で頑張って発症起因の解決に全力を尽くせば、必ず1年で解決します。直ぐに結果を求めれば無理ですが、確実に根源改善を行うことで、お子様の治癒力と合わせて確実に前進してゆきますよ

いつまでステロイド剤を塗ればよいのでしょう?医者は答えられません。いつ良くなるのでしょう?医者は答えられません。ステロイド剤ってどんなメカニズムで症状を治すんでしょう?医者は答えられません。保湿剤を塗るとなぜ悪くなるんでしょう?医者は答えられません。

あなたのお子様なんてどうなってもいいんですよ、、、お医者様は。泣こうが痒がろうが痛がろうが、眠れなかろうが、死のうが・・・どうでも良いのですよ。あ、、、本当ですよ。

あなたが質問する全ての答えは、、、あなたは納得できないでしょう。試しに「先生、うちの子供いつよくなるんでしょう?」・・その答えで上の内容が全て理解できます。
もう、こんなところで立ち止まっている暇はありませんよ。直ぐに、お子様の解決に必要なプログラムを勉強して、理解し実践し一刻も早くお子さんの明るい満面の笑顔を取り戻してくださいね

http://www.atoppos.co.jp/html/benben.html(無料相談フォーム)

<商品購入のお申し込みはこちら>
http://www.atoppos.co.jp/shopping/index.html

<アトピー症状電話相談・面談の方はこちら>
http://www.atoppos.co.jp/html/a-110.html

<配信停止の方はこちらへ空メールを>
teisi@atoppos.co.jp

━■アトポス■━━━━━━━━━━━━━━━━
・メールサポート:info@atoppos.co.jp
・TEL      :076-280-2930
ご質問などございましたらお気軽にご連絡ください。
URL http://www.atoppos.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

→アトピー完全克服法(生後まもなく発症)
→アトピー完全克服法(1~2歳発症)
→アトピー完全克服法(3歳~第二次性徴期発症)
→アトピー完全克服法(第二次性徴~成人発症)

↑ PAGE TOP