アトポス便りバックナンバー

アトポス便りバックナンバー 11月号

■□━━━━ 一般社団法人アトポス━━
□アトポス便り11月号(2015年11月30日)
http://www.atoppos.co.jp/□
━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

┼──────────────────┼
□はじめに
┼──────────────────┼
曇天・雨・霰・雷・稲光と金沢は、「弁当忘れても傘忘れるな」の急激な天候の変化に見舞われる季節となりました。東京にいっての活動時も寒さに見舞われ、金沢に戻っても雨霰・・・自分としても一番活動が鈍る季節なのです。九州育ちの体は、なかなか北国の気候には合わないようです。朝のランニングもサボり気味となり、お腹の筋肉もどんどんと緩んできたこの頃です。 北海道では、60数年ぶりの11月の降雪、各地での異常気象は毎年数十年ぶりと表されることも多くなり、何かが地球で起こっているということでしょう。さらに大地震の予想もされ、いろいろな災害にも対応できる環境も作り出しておかねばなりません。特にアレルギーの対応は、災害時にはストレスも大きくのしかかり左右しますので、事前準備が必要ですね。東京都が発刊した「東京防災」の本が、全国から引っ切り無しの注文のようですが、印刷が間に合わないようです。幸い、小生も東京住民となっていますので、無料で配布となりましたが、素晴らしい内容でした。これが無料で・・・・おそらく、都市圏でも何かが起きる予兆でもあるのでしょう。 さて、前回のクイズ当選者は100人を超え、多くの知識を持ち合わせてきていることを実感しました。抽選で10人の皆様に希望商品をお贈りいたしました。また、今月も行ないたいと思いますのでご応募ください。あ、先月の回答は、「バンソウコウ(絆創膏)」でした。 それと、東京事務所が移転いたしましたのでお知らせしておきます。いろいろな都合により已む無く短期間で移動となりましたが、面談やセミナーなども開催できる状況ともなっておりますので、今まで通りの進行となります。11月・12月の面談・電話相談・セミナーは一度お休みさせていただき、来年1月より再度再開させていただきます。

東京新事務所は

┏━━━≪アトポス東京新事務所≫━━━┓
〒108-0074 
東京都港区高輪2丁目14番17号 グレイス高輪8階
電話番号 03-6869-7538
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
となります。
┼─────────────────┼
□トピックス①
世界初の「美肌菌バンク」誕生! 半永久的に菌を保存、効率的に美肌を作る
┼─────────────────┼

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━
┃●┃おでこから常在菌を採取し、“美肌菌”だけを増殖させて保存する
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━
人間の身体の中には「常在菌」がおり、その数は約100兆個とも言われている。皮膚の上には、アトピーを起こす黄色ブドウ菌やニキビの原因となるアクネス菌などがいる一方、肌のキメ細かさや潤いを守る“美肌菌”の表皮ブドウ球菌などもいる。そうした“美肌菌”をより効率的に増殖させる方法として、12月5日より世界初の「美肌菌バンク」が一般に発売された。
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━
┃●┃悪玉菌を攻撃し、有効物質を生成
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━

東京女子医科大学 東医療センター皮膚科の出来尾格(できおいたる)講師 美肌菌と言われている表皮ブドウ球菌は、肌にどのような影響を与えるのか。東京女子医科大学 東医療センター皮膚科の出来尾格(できおいたる)講師によると、表皮ブドウ球菌は角質という比較的皮膚の表面に近い層に生息しており、肌荒れを起こす病原菌などの進入をくいとめる働きがあるという。 また、黄色ブドウ球菌などの悪玉菌と同じ栄養(汗、皮脂など)を摂取するため、悪玉菌の栄養を奪うことで悪玉菌の繁殖を妨げることができる。更に表皮ブドウ球菌は、潤いなど肌に有効な物質を生成することも確認されている。 表皮ブドウ球菌は誰もが持っている菌であり、年齢によって増減しないものの、性質や数は人によって異なるため、他人の菌を移植することはできない。そこで、安全にかつ効率的に表皮ブドウ球菌を増殖させる方法として、世界で初めて「美肌菌バンク」が開発された。 既に発売されている化粧品の中には、表皮ブドウ球菌を増殖させる化合物を配合しているものがあるが、「美肌菌バンク」は自分の肌から採取した表皮ブドウ球菌を培養して増殖し、その表皮ブドウ球菌を肌に戻すというものになっている。
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃●┃4週間で10~20倍の美肌菌が定着
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━

「美肌菌バンク」の手順は、まず、理化学研究所で開発された「美肌菌採取法(Dekio法)」にて、おでこを滅菌綿棒で軽くなでながら、表皮ブドウ球菌を含む様々な常在菌を採取する。その常在菌の中から表皮ブドウ球菌を選別して培養。その後、試験を経て表皮ブドウ球菌と判定された菌だけをまた培養し、-80度で凍結保管する。肌に使用する前に、凍結乾燥機にてパウダー状態にし、使用する時は専用のローションと一緒に肌に塗布する。 凍結保管された菌は半永久的に保管が可能。塗布するタイミングは就寝前で、週2回(9本/月)の6カ月分を1セットとして販売している。 定着美肌菌の変化。プラセボ群は4週間後に表皮ブドウ球菌戻しを実施して検証 保湿(水分量)の改善。被験者自身も保湿改善を実感できたと回答している 実際に表皮ブドウ球菌を肌に戻すと、どのような効果が期待できるのか。長崎国際大学の野嶽(のだけ)勇一講師と榊原隆三講師は、長崎国際大学の女性教職員・女子学生21名(年齢22~57歳)を対象に、表皮ブドウ球菌戻し群13名とプラセボ群8名で、臨床試験を週2回を4週間を実施した。 すると、表皮ブドウ球菌戻し群では定着表皮ブドウ球菌が10~20倍程度検出された一方、塗布を中断してからは、4週間で塗布前の検出量と同等までに減少していることが分かった。肌への影響では、油分量の増大で蒸散量が抑制されることでの保湿改善とともに、バリア機能の向上によるキメの改善が見られた。また、ベタツキやテカリに対する否定的な所見はなく、炎症・シミなどの副作用も試験では見られなかったという。 「美肌菌バンク」プロジェクトには、出来尾講師や野嶽講師、榊原講師、また、乳酸菌などの常在菌の研究・製造を行っているバイオジェノミクスが携わっており、販売はウェルネス・ジャパンが担う。美肌菌採取は15万円、美肌菌戻しキット(美肌フローラ)6カ月分は35万円、美肌菌凍結保存(美肌菌管理)1年間は5万2,500円、育菌化粧品 エルフィーヌ3点セット(化粧品、美容液、乳液)は2万9,400円であり、6カ月の使用で総額58万1,900円となる(価格は全て税別)。
┏━━■□■赤嶺コメント■□■━━┓
うんうん、、、やっと本格的な皮膚常在菌を重視した研究と実践となったね。ウエルネスジャパンの関与は少し気になるが、研究費獲得目的としても素晴らしいことだ。これが末端の皮膚科医師たちに届けばよいのだが、まだまだ官僚・学会ボスたちの鷹の目が怖ろしくて行動に起こすには相当の時間は必要でしょう。ただ、この方法は、直接購入できるので素晴らしい。 当方も20年前に皮膚常在菌採取・培養してオリジナルローションを製造して、塗布実践をしてきたが、傷口にはどうしても反応して思いとおりの改善には繋がらなかったことから、今の雑菌排除、周囲の皮膚常在菌増殖を促した方法を取るようになった。おそらく、傷口処置は厳しいかもしれない。ただ、赤味を帯びていない乾燥部位には、著しく効果があったことは間違いない。今の方法で確実に前進・改善していることを見れば問題ないのかもしれないが、どうしても医師の診察と処方が必要な場合は、この方法の実践をお薦めしたい。出来尾医師が、どれくらいの理論を持たれているかは不明だが、アトピー対策に本心で取り組んでいることを願うばかりである。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┼──────────────────┼
□トピックス②
それでも打ちますか?インフルエンザワクチン、、、
┼──────────────────┼

私が購読しているメールマガジンで書き込まれたインフルエンザ論をご紹介します。健康をテーマにメルマガ告知する女性の思いです。 インフルエンザのワクチン予約しました~とか、打ってきました~とか、、、あちらこちらで、お見かけしますが。え?まだ打っている人なんて、いるの?と思ってしまった私  ちょっと反省で、、、 まだまだ、世間には伝わっていないこと、伝えなければならないことがたーくさんなんだなぁ・・・と ついつい、私の周りでは打つ人なんて殆どいないし打たないことがあたり前の人ばかりなので、心にスーッと涼しい風が吹きました。ゾゾーっとしたって表現が正しいかなぁ。。。 親しくしている人が、【効かなくっても、害がなければ良いじゃん】なんて、言ったもんだから、思わず、パンチが飛びそうになりました(笑) 害がない薬なんて、何一つなく、天秤にかけて、それでも必要な場合に使うものが【薬】なの。【薬】が絶対悪だと言っているのではない。 ワクチンを打っても、インフルエンザにはかかる。 どんどん姿を変えていく、ウイルスだからね。 それに、感染はまず、粘膜でするから、、、血液中に抗体を作ってみたところで、ちゃんとした免疫抗体反応のルートをたどっていない。 ワクチンを打っても、感染する時はするしワクチンを打たなくっても、感染しない時はしない。結局、同じでしょう。 いや、ワクチンを打てば打つほど、年々、カラダ的には、要らないモノがどんどん蓄積していくし、免疫反応がおかしくなっていくことはあるよね。だって、変な物沢山一緒に入れるわけだもの。。。 ワクチンがどのように作られているのか・・・本当の意味で、何の為に作られているのか、、、そんなことを知ろうと思う人は少ないのかもしれないし知りたくもないのかもしれないけれど、そうであったとしても、ワクチンは、打たない方が良いと私は、思うのです。 違う人は違っても良いのですよ。その人の価値感だもの。違って良い。でも、いろんなこと知ってちゃんと選択して決めて欲しい。 でも、、、よーく考えてみよう。インフルエンザにかかることは、ある意味、その免疫を自分でつくることができるってことなんですよ。 次にそのウイルスが来ても、もう大丈夫ってヤツ。ウイルスは変化していくとは言うものの普通に感染した人って、その後何年も感染しないよね。 ワクチン打っても感染する人はなぜか、感染くりかえす人が多いと聞くけれど。。。 それを、自分で作れるんです。ワクチンという、得体の知れないへんちくりんなモノを体に入れなくっても良いのです。感染さまさま、ですよね?数日しんどい思いをするけれど。。。 発熱は、不良細胞の処理もしてくれるし、癌細胞もやっつけてくれる?おかしくないですか?そんなへんちくりんなモノを入れてまでもインフルエンザにかかりたくないってどうして思うのかなぁ。。。 しんどいから?仕事を休めないから?そんなん、かかってしまったら仕方ないしワクチン打っても、かかる時はかかるなら一緒だよ。 かかりたくなければ、日頃から免疫力をあげる生活をするしかないのだよ。 感染したらどうするんですか。感染して亡くなった方がいました。ワクチン打てなくて亡くなった方がいました。感染して亡くなった方は、どうして亡くなったのかなぁ。 感染しても何の治療もしなくっても治癒する人はたくさんいると思いますよ。 そして、その為にも、ワクチンに使うお金があったら、スーパーの安い食材ばかりを買わず、ちゃんとしたモノをできる範囲で選んで日ごろから食べて欲しいモノです。 お金の使い方優先順位・・・ちょっと見直してほしいなぁ。。。 さて、、、では、インフルエンザワクチンが何でできているのか、、こんなにわかり易く書かれている本もありまする。
……………………………………………………
【子どもを病気にする親 健康にする親】より
……………………………………………………
毒のオンパレード。添付文書には、【劇薬】の文字もしっかり書かれています。 少量だから・・・で、いろいろなモノが、認可されている現代社会。 食品添加物にしたってね。。。放射性物質が含まれているモノにしたってね。。。 でも、チリも積もれば山となるってことわざは誰もが知っていますよね。。。 とにかく、害だから、というのもありますが、ワクチンをうつことのメリット・デメリットを考えたら、打たない選択が賢い選択だと私は思うのです。 今一度、みんなが打つから、、、とか打つのがあたり前だから、、、ではなく、なぜ、打つのかってことを考えてみましょっか~ヽ(^。^)ノ おっと、くれぐれも、、、打つな!って言っているのではないですからね(^.^) 打つデメリットをちゃんと責任を持って受け取る覚悟のある人は打てば良いと思います。 そして、本来は感染は、デメリットだけではありません。免疫力UPに繋がるモノなのですからね!その辺りの思い込み・・・手放して欲しいなぁ。。。 ただ・・・あくまでの自己責任の上、自分で考えて、自分で調べてくださいね。 今まで、免疫力を下げる生活をしていた人がいきなり、健康な方の真似をしたら、そりゃ、抵抗できませんから。それは、ご本人しかわかりません。 今までの生活をしっかり省みて今後の生活をしっかり考えて決めてみてくださいね☆
それでは、今日もステキな一日をお過ごしくださいね(^.^)
心よりの感謝を込めて・・・司 このみ 拝 

┏━━━■□■赤嶺コメント■□■━━━┓
何度もこのインフルエンザの件は、このメールマガジンにも書き込みましたが、いまいち判りつらい内容だったかもしれませんが、このみさんの内容は判りやすい。免疫は、雑菌やウイルス・毒物などが侵入しても対応できるように免疫構成されています。その免疫構成の仕組みは、まずは侵入路だということです。それをその侵入をを飛び越えて血中に入れれば、免疫過剰の方々は、異常な反応を起こすことは明らかなのですが、多くのワクチン関連者は、その研究・製造・販売で発生する利益を食い物にしているのですが、そのシステムは一般国民は知らないことを良いことに、今尚、多くの媒体を利用して大々的に広告をします、それも税金を使ってです。どうしましょう、、、誰が、このシステムを打ち砕くのでしょう、ワクチンに限らず、各省庁で行なわれている官僚たちの貪りは、国費の半分近くになっている現実に、国民は目を向けなければなりませんね。そして、健全な国の運営と国民の健康を主に運営する事が必要ですね。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┼──────────────────┼
□ 最近の質問や報告
┼──────────────────┼

◆━━━━━━◆
 質問・報告1
◆━━━━━━◆
◎◎です。ご無沙汰しておりました。 息子のアトピー経過ですが、多分、ここ数ヶ月は見守るほかに方法はないとわかっておりましたのでご報告もせず失礼しました。 10月11日に1歳の誕生日をすべすべのお顔で迎えることができました。まだ手足に濃い色の色素沈着はありますが、確実に薄くなってきています。不思議なことに、色素が沈着している部分だけ毛がガーッと生えてきていて、なにか関係があるのかなぁ?と。ご飯も普通に食べていますし、ミネラルと血液型はまだ続けています。まだお風呂は入れてないのですが、どのくらいから入れても良いものでしょうか?その際、脱塩素が必要ですか?お時間のある時にでもさらッとお返事頂けると幸いです。
┏━━■□■赤嶺コメント■□■━━┓
お~、随分ご無沙汰でしたね・・・。 辛いことも多かっただろうけど、1歳の誕生日を迎えたと言うことは、この社会で生きられるからだが整備できたと言うことでしょう。そして、報告・お写真から伺える状況は克服といって良いでしょう。色素沈着については、表皮が滑落するたびに薄くなってゆくことでしょう。おめでとうございます・・と、言って良いと思います。これからは、今までの教訓を元に明るく元気の良い子育てを行って下さい。 色素沈着部分に毛が生えるのは、黒子などに毛が生えるのと同様でしょう。メラニン色素の出る部分は、男性ホルモン優位との言えますのでその影響と思われます。・・が、沈着がなくなればそれも消えてゆくことでしょう。 風呂ですが、もう入れても構わないと思いますが、長風呂はしないことです。1~2分くらいのものでよいでしょう。カサブタがあるところは風呂に浸けないようにして下さい。カサブタが取れて体液が出て感染することもあります。風呂には一握りの塩を入れて脱塩素するのがよいでしょう。 おそらく、もう悪化することはないと思いますが、風邪薬などの抗生剤には要注意です。風邪などは自然と治してゆきましょう。その度に強いからだとなるでしょう 前年度、6月に同席していた子供さんたちの殆どは回復に向かい、現在完治近くとなっています。4歳の子供さんはもう少しかかるようですが、皆さん予定通りの進行となっています。明るく元気良く胸張って笑顔を多く・・を目指して過ごしましょう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛

◆━━━━━━◆
 質問・報告2
◆━━━━━━◆
11月は面談に参加させていただきありがとうございます。 見ていただいた通りに経過は良好でした。 あまりにも良好すぎていたので、11/19~26の1週間主人の実家(福岡)へ帰省しておりました。その間も、ヨーグルトとミネラルの摂取をおこなっていたのですが環境の変化・私たちの気の緩みにより悪化させてしまいました。帰ってきたときには、顔の赤み・特に膝の裏は掻きむしって血が出ていることもしばしばという状況でした。 戻ってきて、10日が経過しました。顔の赤みは少し(?)落ち着いたような気がします。しかし、膝の裏・腕・耳は離脱当初に戻ったような気がします。夜中も眠れなくて、ベッドの上に座り込んで掻きむしっています。あまりにも離脱が順調すぎて、先生に相談もせず帰省したことを今は反省しております。 やはり、完全に体調が落ち着くまでは子どもの環境を変えない方が良かったのですね。 帰省したことで離脱当初の状況に戻ってしまったのでしょうか?今からまた6ヶ月の辛抱になってしまうのでしょうか?気になっております。以上が11月分の報告になります。
┏━━━■□■赤嶺コメント■□■━━━━┓
ま、あまりに順調すぎたと言うこともありますが、この季節の信号は致し方ないところもあります。九州への帰省という原因はありますが、これらのことに敏感に反応するという本能の強いところが回復に重要なところなのです。 何かの影響で発生しているわけですから、その原因に対して対抗できる体になればよいのです。徐々にその環境にも対応できる身体になってゆきます、心配いりませんよ。 今の状況を継続することが一番悪いので、安心して「大丈夫よ、きっと良かったところまですぐに戻るから頑張ろうね」という母親の安心感を見せつけて下さい。 この季節の信号が落ち着いたら直ぐに解決できるでしょう。四輝水処理と辛くても外に出ることが重要です・・あ、意識して胸張って下さいね。そうすると、自然と笑顔が出て体内の活性酸素はなくなるし、回復も異常に速くなるでしょう。いつも明るく元気良く・・普通ですけど一番重要なことなんですよね。・・頑張ろうね。あ、正月までには安定すると思うけど・・・。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┼────────────────────┼
□ 今月のクイズ
┼────────────────────┼
人間は生まれて死ぬまでの約80年間で産生されるステロイドホルモンは、どれくらいの量となるのでしょう? 次の4つの中からお選びください。

①一生だから相等の量が必要と思うので・・・ドラム缶1杯 約200L
②そんなに多くはないだろうと・・・・・・・バケツ1杯  約20L
③それでも多いと思うし・・・・・・・・・・コップ1杯  約200ml
④微量で作用するというし、まさかと思うけどスプーン1杯 約1ml

<ヒント>なし
※回答は下記メールアドレスへ当選希望商品をお書きください。
  回答はこちらへ→ answer@atoppos.co.jp
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:
+:
+: ①四輝水
+: ②血液型別乳酸菌 REI(血液型も)
+: ③ミネラル濃縮液 七海
+: ④加賀丸いもとろろ 10袋入り
+: ⑤サイナスリンス(鼻うがい容器と天然塩)
+:
+: http://www.atoppos.co.jp/shopping/index.html
+: answer@atoppos.co.jp
+:
+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:

▼商品購入のお申し込みはこちら▼
http://www.atoppos.co.jp/shopping/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼アトピー症状電話相談・面談の方はこちら▼
http://www.atoppos.co.jp/html/a-110.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<配信停止の方はこちらへ空メールを>
teisi@atoppos.co.jp

━■アトポス■━━━━━━━━━━━━━━
・メールサポート:info@atoppos.co.jp
・TEL      :076-280-2930
ご質問などございましたらお気軽にご連絡ください。
URL http://www.atoppos.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

→アトピー完全克服法(生後まもなく発症)
→アトピー完全克服法(1~2歳発症)
→アトピー完全克服法(3歳~第二次性徴期発症)
→アトピー完全克服法(第二次性徴~成人発症)

↑ PAGE TOP