アトポス便りバックナンバー

アトポス便りバックナンバー No.38号


■□━━━━━━━━━━━━━━━━━ 一般社団法人アトポスSP━━━
□ アトポス便り No.38号        (2017年7月28日)
                    http://www.atoppos.co.jp/□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

┼────────────────────────────────┼
□はじめに
┼────────────────────────────────┼

┏━┓
┃1.謹んで災害のお見舞いを申し上げます
┗━━…─────────────────────
 福岡・大分豪雨災害に続き、秋田や岐阜県中津川にも集中豪雨に襲われ、被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。 毎年、豪雨はあるものの、これほど連続は記憶がありません。だから、数十年ぶりだったり観測史上ということになるのですね、、、住まいのある金沢にも先日は、鉄砲雨に見舞われ、運転もままならないほどの豪雨でした、怖かったです。

気圧の乱れは、体の乱れにつながり、特に神経系と関与するアレルギー症状(アトピー含む)も不安定となることが多く、低気圧で急激に悪化された方も少なくありません。

時間的には交感神経時間ですが、気圧の低下によって副交感神経に変化する事がその理由と推察されます。 自然のことですから、調整は出来ませんので、少々の気圧変化においても微調整できる体作りを目指しましょう。その基礎となる部位は、体全体に大きく関与する「腸内細菌」整備が重要となります。


┏━┓
┃2.海水浴(臨時号にも書きました)
┗━━…─────────────────────
 もう、何度も行きました!と言うご報告は尽きません。驚くほどの改善を見ていますが、日本全体の天候も不安定で、計画が立て辛い時期と思います。 この停滞前線が下降して高気圧が入れば、安定した天候となりますので、8月は出来るだけ多く計画してください。 海水中に浸かるのは、首から下は問題ないのですが、0歳児の顔付けは厳しいと思いますので、ガーゼかタオルで押しふきしてみましょう。

炎症部位は、皮脂幕が整備できていませんので、紫外線も問題となります。10分ほど海に入って、日影で休憩、、、、再度海へを3回ほど繰り返せば如何でしょう。曇りであれば少し長くても構いませんが、直射日光を10分以上は当たらないようにしてください。 お子様が痒みを訴えるようであれば、簡単にシャワーを浴びて、直ぐに拭いて四輝水処置してください。痒みを訴えない場合はそのままでお帰りください。海の潮の残った部位は、驚くほどの改善も見られますのでご期待ください。

海水を持ち帰り塗布しては?とよく質問がありますが、浸透圧の問題と海水中の微生物は3日以上は生きられませんし、塗布では強い痒みが発生し、逆効果だったご報告もあります。

夏だ!海へ行こう!

┼────────────────────────────────┼
□トピックス
┼────────────────────────────────┼
 昨年12月に他界した新潟大学教授 免疫のエキスパートであった安保徹先生は、ステロイド剤は血中を通過するときに酸化され、酸化コレステロールに変化して、便や尿で体外排泄が難しく、第3の排泄器官『皮膚』より排泄となることが、象皮膚状態を作り出します。大きな分子の排泄の為に皮膚層はゴワゴワとなるのです。

さらに、安保先生の書籍「病気にならない生き方」には、ステロイド剤処置は、細胞内のミトコンドリアの機能を止めることなのです。低体温と低酸素の状態をつくり解糖系を整えます。炎症を合成ステロイドで止めるのも、ミトコンドリアの機能停止によります。長期使用により生きる力を失うことにもなるようです。怖いことですが、医者はこの事を一切知りません。

=-=-=■※ミトコンドリアとは・・・■=-=-=-=-=-=-=-☆★

 ミトコンドリアはほとんどすべての生物(動植物や菌類など)の細胞に広く含まれている細胞内構造物の一つです。 高校の生物の教科書などで細胞の構造図を見た覚えがあれば、その中でたいていは丸いカプセルのような形で描かれていたでしょう。 このミトコンドリアは一つの細胞に(細胞の種類によって違いますが)数十から数万という大変な数が含まれています。

 これらのミトコンドリアは細胞の中で呼吸をしてエネルギーを生産しているのです。 我々が肺から吸い込んだ酸素は、血液によって体内の細胞に運ばれ取り込まれ、ミトコンドリアによって糖や脂肪を燃やす燃料として使われていることになります。 燃やすといっても生化学的に糖などを分解していく過程でエネルギーが発生するわけで、我々はそのエネルギーを利用して体温を保ち運動をして生きていることになります。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-☆★

┼────────────────────────────────┼
□プレスリリースを斬る
┼────────────────────────────────┼
 最近皮膚科学会では、プロアクティブ療法とかっこいい命名をして、ステロイド剤を塗り続けるという方法を画策し始め、多くの皮膚科医へ徹底告知し始めている。恐ろしい出来事です。その説明も「炭火をおこした後、くすぶる炭に風を送れば再び燃え上がるようなイメージ」って、再び燃え上がるのは、根源解決していないからだろう!って、言いたい。発症の原因も理解していないで、解決は出来ないし、処方の説明も出来ないのです。昔は、「この火事を今抑えなければ大火事になる」「お母さん、この子を殺すつもりですか」と脅して、解決する方法を知らないで、魔の薬「ステロイド剤」患者へ仕込むのです。ステロイド剤事業の既得権維持をするための医師会や製薬会社・官僚の陰謀です。
もう、自力解決を目指さなければ、医者は頼れませんね。

………………………………
 その記事がこちら
………………………………
┌■
||アトピー、薬塗り続ける新治療 「見えない炎症」抑える 2017年7月19日15時00分
└┴───────────────────
 アトピー性皮膚炎の新たな治療法が定着しつつある。ステロイド剤など抗炎症薬で湿疹を抑えた後も薬を使い続け、「見えない炎症」を抑えるもので、学会が昨年、強く推奨した。抗炎症薬で症状が改善しない患者向けの新薬の開発も進み、期待が集まっている。

 乳児期からアトピー性皮膚炎に悩まされていた東京都葛飾区の莉央(りお)ちゃん(4)は2014年12月、全身の湿疹がひどくなり、かかりつけ医の紹介で同区の東京慈恵会医科大葛飾医療センターを受診した。

 アトピーの治療では、抗炎症薬で湿疹をおさえる。湿疹が治ると薬を塗るのをやめ、再発した時に再び使うのが一般的だった。

 子どもの薄い皮膚にステロイドを塗ることに抵抗があるという母親(33)に同センター小児科の堀向健太・助教は「今しっかり塗ってスキンケアを丁寧に続ければ、塗る量を減らしていける」と説明。納得した母は1日3回、入浴後の娘の全身にステロイドと保湿剤を混ぜたクリームを塗った。母は「最初は1回で2時間ぐらいかかったが必要だと認識できたので続けられた」と語る。

 1カ月後には見た目の湿疹はほぼ治まり、皮膚はきれいに。だが症状が出ていない時にも薬を使う「プロアクティブ療法」を実践し、1日、2日おきと間隔を空けて薬を使い続けた。見た目はきれいでも皮膚の下に炎症が残っていると、再び湿疹が出やすいために薬を使い続けるものだ。

 堀向さんは「炭火をおこした後、くすぶる炭に風を送れば再び燃え上がるようなイメージ」と説明する。「見えない炎症」を抑え、湿疹の再発を予防するもので、堀向さんは「薬の回数を減らし、保湿剤だけでのケアに軟着陸させるための治療法」と説明する。莉央ちゃんは一昨年末には夜だけ週2回、昨春には週1回と塗る回数が減った。今は見た目でアトピーとわからないほどきれいな状態だ。母は「このまま保湿剤のみのスキンケアになれば」と話している。

━■□■ 赤嶺コメント ■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━

この子の経過を報告する義務もありますね。厳しいけど、この先はこれらの医者を恨むだろうし、解決し辛い体となることは間違いない。責任持てるのかなぁ、堀向医師は・・・?保湿剤になる時期がいつで、本当に改善へ向かうのだろうか?学会関連のデーターでどれくらい確認出来たのだろうか?通常薬認可は、7割が必要だが、どの時点でのデーターなのか、、、、。森友問題をやるより、こっちの方が先だよ。毎日何千人の犠牲者が出ているのに・・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【アトポス東京面談会】
┼────────────────────────────────┼
□2017年8月の東京・金沢面談会のお知らせ
┼────────────────────────────────┼
下記の通り東京・金沢面談会を開催いたします。

┏━━━━━━━≪    8月の東京面談会   ≫━━━━━━━┓

8月の東京面談会
日時 平成29年8月19日(土)13時00分~17時00分

場所 東京 品川プリンスホテル Nタワー17階 ミーティングルームNO3

面談担当者 赤嶺 福海

面談費用 10800円(60分)
※メルマガ会員は半額 5400円

申し込みは 03-6869-7538
      http://www.atoppos.co.jp/html/a-110.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━≪    8月の金沢面談会   ≫━━━━━━━┓

8月の金沢面談会
日時 平成29年8月12日(土)15:00~18時00分

場所 アトポス金沢検査所 面談室(陽菜 ひな)
   金沢市伏見新町255 サンピア泉ヶ丘2階

面談担当者 赤嶺 福海

面談費用 10800円(60分)
※メルマガ会員は半額 5400円

申し込みは 076-280-2930
      http://www.atoppos.co.jp/html/a-110.html

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アトポスメールマガジン『ノーベル賞レベルメソッドの公開』はこちらから
http://www.atoppos-sp.com/

◎◎◎アトポス会員メールマガジン◎◎◎ <不定期発行>
このメールが不要な方はこちらからメールを返信ください。
teisi@atoppos.co.jp
アトピー完全克服をサポートする!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

→アトピー完全克服法(生後まもなく発症)
→アトピー完全克服法(1~2歳発症)
→アトピー完全克服法(3歳~第二次性徴期発症)
→アトピー完全克服法(第二次性徴~成人発症)

↑ PAGE TOP