2010年の掲示板2009年の掲示板2008年の掲示板2007年の掲示板2006年の掲示板2005年以前の掲示板
| アトポストップ | アトピー相談フォーム | アトピー110番 | アトピーフローラ会 |

新着 検索 新規投稿

2歳の娘について 木村 01/25 07:54
    |-*Re: 2歳の娘について アトポス 坂田 01/25 16:34
返信2019/01/25 07:54:48 木村  
2歳の娘について
はじめまして。今月二歳になった次女のことで相談させていただきたいと思います。娘は生後四ヶ月頃から顔などに湿疹がでていましたが、病院にいっても塗り薬をだされるだけだと思い漢方薬を飲んでいました。7ヶ月頃に[低ナトリウム血症]で入院し医者にステロイドをすすめられ、断っていましたがしつこいので、弱いものならと使ってしまいました。入院中はインタール、抗アレルギー薬などでましたがいやなので飲ませませんでした。退院後は飲み薬は飲みませんでしたが、ステロイドはぬっていました。その後いろいろな健康食品、漢方薬、針など試しましたが、効果無しでした。顔はジクジクで手足、背中などに湿疹ができ娘にとってつらい日々がつずきました。しかしいつまでもステロイドを使っていられないので、1歳4ヶ月でリバウンドもなくやめました。
1歳半頃からは、少しですが良くなってきました。
そして昨年の9月に救急車ではこばれるほどの喘息で入院し、ステロイドとテオドールの点滴をされました。医者にステロイドの塗り薬は使っていないというと、えっ?という態度をされ、頭にきました。
今の状態は飲み薬は喘息の薬もアレルギーの薬も何ものんでいません。顔のジクジクは以前より大分良くなり、口の周りとアゴだけとなり、でこは乾燥しています。手足は乾燥してざらざらで、背中は少し、乳首もジクジクします。

血液型別乳酸菌は粉のままでどのくらい呑めばよいでしょうか?乳にアレルギー反応がありますが、ヨーグルトは無理でしょうか?娘は何か新しい物を飲ませようとすると、今までいろいろ飲んできたので、拒否反応をします^^
お忙しいとは思いますが宜しくおねがいします。
返信2019/01/25 16:34:03 アトポス 坂田  
Re: 2歳の娘について
2歳といえば、第一次成長期で自我に目覚める年齢なので、本能のまま行動します。「痒い」という感覚があれば痒みが取れるまで掻き続けます。

そして、結果的には広範囲に広がり炎症や痒みの解決には時間がかかります。2〜10歳までのお子様の場合は問題解決までに長い期間を要することになります。たとえ長い時間が必要だとしても根気強く処置して解決することが望ましいです。特にこれから先、魔の薬「ステロイド剤」を使用した場合はさらに症状を悪化させ根本的な解決が難しくなると思われます。

発症の原因が何なのかという事を理解してこの問題に対処してください。0〜1歳であれば1年以内に解決可能と推測できますが、2歳を超えると内面的には解決できても、外部皮膚症状での調整が難しくなります。

今後ステロイド剤の使用は厳禁ですし、出来るだけ薬に頼らない方法で小学校に上がるまでに解決させることを目標にすることをおすすめいたします。奥様もお子様の夜鳴きや掻き毟りに身も心も疲れることと思いますが、辛いのはお子様もそれ以上辛いのです。あの痒みは大人でも耐えられません。自分たちで解決させるほかないのです。医者では無理です。

まず、どうして発症したかは、弊社ホームページをご覧になれば理解できたと思いますが、間違いなく「腸内細菌」のアンバランスによる免疫過剰(アトピー性皮膚炎)ということになります。喘息併発、食物アレルギーの状況からも見て判明できます。おそらく便検査して菌数を確認するとお子様の菌群は1000分の1以上となっているでしょう。この腸内環境の改善には最低でも6ヶ月は有します。この解決で、ある程度の食材に対するアレルギー反応はなくなるでしょう。しかし、卵白についての解決は時間を要すると思います。

現在、乳酸菌を摂取されているようですが、菌種類、菌数を計算して出来るだけ短期間で解決できる摂取方法を考えてください。今の摂取で5種、3兆個以上、ヒト由来であれば問題ないでしょう。

また、これまでの痒みに伴い多くのミネラルバランスも不安定となっておりますのでミネラルバランスを整えることも必要でしょう。湧き水を飲まれているようなのでよいとは思います。体重×3%リットル程度が適当となりますが、母乳やミルクを含めての量となります。出来るだけ母乳で育てることをお薦めします。

乳酸菌摂取は、粉末摂取より手作りヨーグルトにした方が効果的です。牛乳アレルギーがあるようですがヨーグルト摂取は問題ございません。「ヨーグルビジン」と「血液型別乳酸菌」で作ったヨーグルトも反応はでないと思います。もし慎重に進めたい場合は血液型別乳酸菌を毎日朝晩1本づつ6ヶ月間摂取されてからヨーグルト摂取に移行すると良いでしょう。状況からすれば、かなりの改善が必要となりますので一日3包摂取されても良いと思います。

眠れない厳しい日があるかもしれませんが根気強く頑張るほかありません。今の状況が1年中続くわけではありません。苦しい時はご夫婦で助け合いながら対処を進めてください。必ず解決できます。

人間は体がアンバランスになれば自分で解決できる力を持っています。それを余計な薬や治療でどんどんとその力を失わせています。過去の事を言っても仕方ありませんが、発症時にステロイド剤の使用がなければ、今この苦労はなかったと思います。何としても、自力で解決させ、食べて体が正常に動くようにさせてください。

トップ