2010年の掲示板2009年の掲示板2008年の掲示板2007年の掲示板2006年の掲示板2005年以前の掲示板
| アトポストップ | アトピー相談フォーム | アトピー110番 | アトピーフローラ会 |

新着 検索 新規投稿

6ヶ月男の子のアトピーについて モコママ 05/20 18:59
    |-*Re: 6ヶ月男の子のアトピーについて アトポス 坂田 05/21 19:28
        |-*Re: 6ヶ月男の子のアトピーについて モコママ 05/23 19:29
返信2019/05/20 18:59:37 モコママ  
6ヶ月男の子のアトピーについて
はじめまして。
生後二ヶ月ほどで、軽い湿疹が出始めたのですがそんなに気にしていなくて、4ヶ月になった頃に酷くなってきたので、小児科にかかりました。小児科で診てもらう前は皮膚科で診てもらったのですが、塗り薬・内服薬共にステロイドだったため、自己判断で止めて、病院を変えました。
小児科では、内服薬はザジテンドライシロップとアズノール軟膏を処方され、ステロイドでない事に安心して今まで続けて来ましたが、一進一退を繰り返すだけで、回復には向かっていないような気がしています。
最近、娘さんのアトピーが治った。というお母さんに出会い、話を聞くと温泉療法だというのです。温泉療法とは、一日何回でも人肌程度の温泉水につけること、寝るときはウェットラップ法で乾燥を防ぐことだというので、期待して頑張って実行していましたが、こちらでは『脱入浴』を薦めているのでビックリしました。温泉療法は悪化するのでしょうか?
返信2019/05/21 19:28:31 アトポス 坂田  
Re: 6ヶ月男の子のアトピーについて
出産後にお子様が免疫過剰の状態になると、どのような方法で対処されても6ヶ月間は酷い状況が続きます。その期間にステロイド剤やプロトピック軟膏の使用による薬物治療を行うと一時的には改善されますがその後に再度悪化して以前より更に酷い状態になることが高い確率でおこります。

小児科で処方された「ステロイド剤などの使用」をしなかったのは適切な判断だったと思います。子供は本能的に自分で良くなる方法を知っています。放っておけば自然に解決にいたることもあります。
放置することは心情的に難しく免疫過剰な状態は改善しないといけないのでいくつかの対処は必要となります。原因は免疫過剰であり、出産時の雑菌摂取が腸内環境をアンバランスにして起きています。その問題を解決すれば1歳半までに克服できるでしょう。

温泉療法、ウエットラップ療法・・・少し根源解決からは外れているように思います。皮膚は感染を防ぐために乾燥させるようにすれば、炎症範囲は広がりません。皮膚炎小範囲を広げないためには、雑菌排除と皮膚に棲息する「有用皮膚常在菌」を保護すれば、範囲は広がらないし解決スピードも速くなります。
皮膚常在菌の保護と乾燥させる為に「脱入浴」を薦めています。肌がカサカサしているから保湿や入浴で清潔にすることが最善であると世間の常識になっているので「脱入浴」は受け入れがたい方法だと思います。

脱入浴の他に最も重要なことは「腸内細菌調整」と「ミネラルバランスの調整」と「皮膚常在菌調整」になります。前述の3点と脱入浴を続けられれば3か月程度で安定した状況も想定できます。あと注意しなければいけないことがあります。ステロイド剤の使用と抗生物質の使用は避けるべきでしょう。風邪を引くようになると子供はどんどん良くなってきます。予防接種の必要もありません。

ホームページをしっかり確認して処置を進行していただければ間違いなく1歳半ごろまでには正常な状態まで回復するでしょう。
返信2019/05/23 19:29:15 モコママ  
Re: 6ヶ月男の子のアトピーについて
御返事有難う御座います。
どんどん悪くなる我が子の皮膚を見ていると、一分でも一秒でも早く治してあげたいと思います。
血液型乳酸菌を飲み始めて少し肌の調子が良くなって来ました。
お腹の中から治すことも大事だったのですね。
近い将来にはプルプルのほっぺに会える事を願って頑張っていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

トップ