2010年の掲示板2009年の掲示板2008年の掲示板2007年の掲示板2006年の掲示板2005年以前の掲示板
| アトポストップ | アトピー相談フォーム | アトピー110番 | アトピーフローラ会 |

新着 検索 新規投稿

返信2010/08/04 12:00:16 ハム太郎  
生理活性物質(無記号のもの)の弊害について(ビタミン摂取について)
先生、こんにちは。
アトポスに2年くらいお世話になっているものです。(脱ステ暦は同じ期間です)
顔の炎症はここ半年くらいで起こらなくなりましたが、
なかなか手や足の症状が改善しません。

今回、先生に伺いたいのは、
先生がよくおっしゃる「無記号で体に入する生理活性物質」というもの、
とそうでないもの、の違いです。

前者の体への弊害は理解しているつもりです。
ただ、どのあたりの範囲までそのようなもの、と捉えて控えるべきか、が
分かりません。

私はアトポスの処方に加え、「ビオチン」や「ビタミンC」や「整腸剤」を
服用しています。
体に元々あるものだから・・という思いもあり、あまり気にしていなかった
のですが、掲示板を検索すると、「無記号で体に進入するから良くない。
すぐに止めるべき」というコメントを見ました。

では、アトポス処方で摂取している「ミネラル」はどうなのでしょう?
これは「無記号」ではないのでしょうか?
また、ヨーグルトにして食べる腸内細菌と、ヨーグルトにせずそのまま食べる
(0歳の子などはそうしてますよね)のとは、「無記号」という意味での違い
はないのでしょうか?

色素沈着改善や風邪防止も含めてビタミンCを、手湿疹の改善を考えて
ビオチン(と絡酸活性剤)の摂取をつづけたいので、いわゆる「生理活性物質」の
考え方や弊害についてアドバイスがあれば伺いたいです。

よろしくお願いします。

★ところで、最近この掲示板の考え方が変わって、先生に回答していただけなくなったのでしょうか?
もし、この掲示板がそのようなポリシーに変更したのであれば、ネットのルールとしてはその旨を記載するべきではないか、と思います。
先生もお忙しいというのはみなさん承知していると思うので、その断りがあれば納得できると思いますが、何も(「多少遅れる・・」という言葉では弱い気がします)書いてないのは、訪れるほうもわらをもすがる思いなので、悲しい思いがします。

おなまえ  
タイトル 
?
添付ファイル 
gif jpg bmp png (最大200KB)