自分のアトピーは自分で治す

自分のアトピーは自分で治す(子供は両親で治す)

このサイトで記述したアトピー症状の根源は、腸管免疫(粘膜)の問題、ミネラルの問題、皮膚常在菌の問題を提起し、その解決を行えば治ると感じた方は少なくないでしょう。
この物理的処置によって全員が解決するのであれば、誰も困る方はいないのです。しかし、人間はそれぞれの環境も違い、行動も思考もそれぞれ違う。このサイトにおいても100%理解できる方、50%の方、信じない方・・・それぞれなのです。お金の問題もあるでしょうし、周囲の協力者の問題もあるでしょう。

第二次性徴期を過ぎた(大人)方においては、しっかりとしたアトピーの改善理論を会得することが重要で、「これでよくなる、間違いない」というまで納得して、自分の改善期間を決定し、その間の症状の上下は気にせず、ただ克服の出口を目指して、決めた計画通りに明るく元気に進むだけなのだ。元気に明るく毎日を「良くなる心配ない」と過ごせば、体は自己の意識通りに改善へ向かうのです。間違いなく、無理のない自分の決めた期日に改善する結果を多く確認しています。

その意識継続のために必要な理論をここに述べています。この症状は私が改善させるのでもなんでもない。あなた方自身が自分の体、子供の体の主治医となって、挫けないで元気に改善させるのです。

アトピー性皮膚炎は免疫過剰、ガンは免疫低下・・・両方とも免疫のバランスによる症状なのです。免疫は、何処で形成されているかというと、胸腺といわれますが多くは腸内で構成されていることは、知人研究者の方々も強く世間に訴えています。西洋医学においては腸管無視の進行となっており、末端の処置薬や先端の医学によっての処置でその部位のみしか見えておらず、その根底にあるブラックボックスには目を背けた医療としかいえません。

免疫というのは意識によって大きく変化します。ガンにおいても意識だけで改善される方も多く見ますし、余命数ヶ月の方々がもう30年以上も元気に生存しているのも事実です。その方々の多くは、その先端医学治療を避けて、意識波動医学をベースに明るく笑顔で乗り切っているのです。

毎日襲われる強い痒みとの戦いが、アトピー性皮膚炎の一番苦しみともいえますが、それも生きるために必要な感覚と思えるようになり、体を褒めれば体はその思いに応えて、その痒みのなくなる体に切り替わってくるのが不思議なのです。

皆さんの体は凄いのです。さすが、神から与えられた体です。

この克服時期まで頑張れる小さなサポートは、20数年間培った私の理論でサポートさせていただきます。皆様の不思議におもっている体のことは全て「あ~、なるほど」と思える回答をいたします。

今の医療と逆方向へ向かえば、、、、、実は改善できる・・・不思議。そして、あなたの体はあなたが解決できるのです。人任せでは解決することはありません。あなた自身が良くなる理論で動かすことが重要ですよ。60兆個の細胞が元気になれる秘訣・・・教えます。

→アトピー完全克服法(生後まもなく発症)
→アトピー完全克服法(1~2歳発症)
→アトピー完全克服法(3歳~第二次性徴期発症)
→アトピー完全克服法(第二次性徴~成人発症)

↑ PAGE TOP