アトポス概要

アトポス概要と理念

アトポスは、アトピーと微生物を
研究し続けている団体です。

1994年、
ステロイド剤によるアトピー治療に
強く反対する団体として
「フローラ会」を発足。


全国8ヶ所に支部を置き、定期的な講演会や
勉強会を行っておりましたが、
「確たる代替療法を確立しなければ、
脱ステロイドが不安だ」
という多くの会員の声を受け、
1996年12月に「アレルギー研究室 アトポス」
を立ち上げました。


その後、元フローラ会代表が
事故による急逝のため、団体自体は
解散となりましたが、
現アトポスの代表である赤嶺福海が
中心となって、微生物研究者や
薬理系の元教授、私立大学教授等々の
ご協力をいただきながら、
アトピーと微生物の研究を続けました。

その結果、
東北地方の30人のボランティアを対象とした
臨床(薬物等一切不使用)データで、
仮説データ95%、症状データ75%の改善結果を
得たことで、克服を目的とした活動へ変更。

そして100%の結果を出すべく、
気象関係者や農業関係者、
気エネルギー関係者等からも
ご協力をいただき、春秋の症状落下の
原因究明や海と人間皮膚の関係など、
自然と体のつながりについても併せて
研究を進める中で、赤嶺自ら関連本も
執筆していきました。

1995年「逃げるなアレルギーから」
を皮切りに、
2000年には「アトピー完全克服法」
そして
2004年には「アトピー完全克服マニュアル」
を出版し、
読まれた方々が脱ステの方法から克服の
考え方を理解し、この本のみを参考に
多くの克服者を輩出

することができました。

その数、2014年1月1日時点でも
約8500人を超えています。

この実績により、
アトポスは2010年4月に社団法人化 しました。

その後も、克服をサポートする商材の
共同開発や講演会、セミナーを継続し、
2016年現在で、克服者は10000人を突破しました。

まだまだ弱体の民間団体ですので
資金力がなく、当サイトを通じての
情報発信が中心ですが、
これまでの研究と克服の実績を基に、
今後もアトピーに苦しむ方々のサポートを
継続しながら、アトピー撲滅のための活動を
強く強く進めてまいります。

〈アトポスの活動内容〉
1 アトピー性皮膚炎の根源をインターネットを中心に告知
2 アトピー性皮膚炎の解決法を個別にサポート
3 アトピー性皮膚炎で悩む皆様同士の交流場所を設置
4 アトピー性皮膚炎の情報をインターネット・冊子・講演会で公開
5 ステロイド薬害の実態調査と国への陳情
6 アトピー克服施設への支援活動
7 会報等の発行


2016年度から“アトピーゼロ運動”をより強化していきます。

アトポスは民間団体ですので、急激な活動は
薬事法・医師法違反を発動させる恐れがあるため、
慎重に活動をしてきましたが、
日本で生まれる赤ちゃんの4人に1人は、
生後間もなくアトピーを発症している
という現状を危惧し、
この日本から3年以内にアトピー性皮膚炎を
皆無にする“アトピーゼロ運動”の情報告知に、
より力を入れていくことにしました。

以下の3点を
国や医師会が支援し、
一斉に行動すれば
3年以内でアトピーは本当になくなるのです。

●これから生まれる赤ちゃんがアトピーにならない方法を会得
●すでにアトピーになった赤ちゃんが1年で克服できる方法の会得
●幼児期以降から発症、または長期化したアトピーを3年以内に克服できる方法の会得


この重要な3点をより多くの皆さんに
知っていただき、自信を持って実践し
克服していただくため、
2016年からは「100種100様」とも言える
アトピー症状に対応できる
スペシャリストの養成も
スタートさせてまいります。

この養成対象者は、アトポス理論によって、
実際にアトピーを完全克服したご本人、
またはご家族となります。

アトピーのスペシャリストは、
アトピーの経験者からしか生まれません。

それは、あの筆舌に尽くし難い
「痒み」「痛み」「苦しみ」
を理解できる人でなければ、
心からのサポートは不可能だと考えるからです。


一般社団法人 アトポスSP
【主任研究員】赤嶺 福海
【住所 】〒108-0074
東京都港区高輪2-14-17 グレイス高輪ビル
【TEL 】03-6869-7538
【Email】office★atoppos.co.jp
★の部分を@に変更してご送信ください。

金沢検査センター・配送センター
〒921-8172 石川県金沢市伏見新町255
TEL 076-280-2930


 

みなさん、苦しいでしょう、辛いでしょう、家族も本人も・・・。

世の中で一番辛い症状と思っていますし、
この苦しみを何とか早く確実に開放したいと、
多くの資財を投じこれまで多くの理論と
定説を造ってきました。

病院でもない当所が、これまでの実績を積み重ねられたのも、
苦しむ皆様の家庭訪問や苦しみをともにし、
逃げずに最後まで付き合って得たものと認識しています。


その中で多くのことを学び、仮説を立てて
、医者は腸とアトピーに何の関係があるんだと
批判される中、20年間信じ突き進んできた今、

多くの研究者や医者がアトピーと乳酸菌の
関連を説いてきました。


それには、必ずスポンサーがつき、商品販売が
紐付きとなっています。

その研究者やお医者様も微生物の研究を
飛び越えての理論なので、
苦しむ方々へ対応することが出来ず、
医者も患者も右往左往しているのです。


新谷弘実理論安保理論ガビガビ療法立派ですが、
結果的に助けることが出来ませんでした。

乳酸菌とミネラル摂取でアトピー性皮膚炎が
克服するのであれば誰も苦労はしません。


そこには人間の「思い」「意識」が重要となるのです。

その小さなプログラムと100種100様の
パターンに対応
できるスペシャリスト養成も
私の責任とも思っています。

そのスペシャリストも体験者から造られるのです。

この世の最大となる
「痒み」「痛み」「苦しみ」を
理解できた人でなければ対応できないのです。


国の無責任対応はすぐに解決できないでしょう。

国のガイドライン信仰で多くの犠牲者が
今も尚700万人と膨大の人数です。

薬害なのです。
その報道も近年に目の当たりとなるでしょう。

これからは、
ご本人、ご家族が主治医となって対抗しなければ、
本当の克服には向かいません。

今日くらいはいいだろう!という些細な気持ちが
取り返しの付かない状況をもたらしているのです。

しっかり理論を会得して、自分で解決させるのです。

その自信が出来るまでは当方がお手伝いしましょう。

人間の全ての外部は粘膜であり、
微生物が共存していることを
理解できれば必ず前進します。


→アトピー完全克服法(生後まもなく発症)
→アトピー完全克服法(1~2歳発症)
→アトピー完全克服法(3歳~第二次性徴期発症)
→アトピー完全克服法(第二次性徴~成人発症)

↑ PAGE TOP